ボクシング

井岡一翔か嫌われる理由は?井上尚弥との決定的な差は?

井岡一翔

画像引用)https://www.instagram.com/p/B_mwagzhqIc/

日本初の世界4階級制覇を果たした井岡一翔選手は、日本を代表するボクシングの選手としてとても有名ですよね。

ボクシングの技術的にはすごく人気がある井岡一翔選手なのですが、プライベートの報道をされてからは嫌われてしまっている傾向にあるのです。

いったいなぜ井岡一翔選手は嫌われているのでしょうか?
同じくボクシング選手として活躍している井上尚弥選手との人気の差についても詳しく調べてみました!

井岡一翔が不倫からの略奪愛?

井岡一翔選手はボクシング選手としてはとても人気なのですが、プライベートでの結婚や離婚、そして不倫が報じられるとたちまち人気が急降下してしまいました。

いったい何があったのか見てみましょう。

井岡一翔選手は2017年5月、歌手の谷村奈南さんと結婚しました。

以前から週刊誌でもスクープされていた二人は、以前から友人同士で井岡一翔選手からの猛烈アプローチで交際に発展。

約2年の交際期間を経て結婚されました。

しかしこの結婚もあまり祝福されたものではなく、結婚式には井岡一翔選手の親族は誰も参加しなかったり、谷村奈南さんが井岡一翔選手を当時交際していたソンミさんから略奪したという噂が絶えませんでした。

実は井岡一翔選手の父親が結婚に猛反対していたそうですが、それを強行突破して結婚したんですよね。

しかし2018年にはもう離婚してしまい、その理由としては「気持ちのすれ違い。井岡一翔選手は谷村奈南さんより友人を優先した」と言われています。

早すぎる離婚で井岡一翔選手の好感度が下がってしまっただけでなく、なんと1年後に井岡一翔選手はもう再婚をするのです!

谷村奈南さんとの結婚生活で優先していた友人、なんとなく想像がつきますよね。

しかもお相手はすでに妊娠されているということで、井岡一翔選手は不倫をしていたのではないかということで大バッシング。
時系列を確認してみると、

2018年11月・・・谷村奈南さんと離婚成立。
2018年年末・・・再婚女性の妊娠が判明
2019年夏・・・再婚女性が出産

という流れです。

離婚からすぐに妊娠されていることが分かり、時期が重なっていたと考えるのが自然ですよね。

井岡一翔選手はこの事態について

・谷村奈南さんとは2017年4月から別居していた
・離婚が遅くなったのは谷村奈南さんの都合
・正式に交際をしたのは離婚成立後
・再婚女性は以前からの友人

と説明をしています。

もしこれが本当だったとしたら、交際1ヶ月で新たな女性を妊娠させたということになりますよね。
それはいくら何でも早すぎるのではないでしょうか。

たとえ以前からの友人だったとしても順序というものがありますよね。
離婚してすぐに妊娠が発覚し、世間は井岡一翔選手のイメージを悪くしてしまい結果、嫌われるようになってしまったといえます。

井岡一翔が嫌われる理由

井岡一翔選手が嫌われている理由の一番の理由は、女性関係といってもいいでしょう。

ですが現在のインスタグラムを見てみると、

お子さんとの楽しい日々をたくさん投稿していて、再婚した女性とお子さんと幸せに暮らしていることがよく分かります。

ですが井岡一翔選手が嫌われる理由はこれだけではありません。
ボクシングに対する発言などでも最近は批判が集まっています。

というのも井岡一翔選手は12月31日、WBOスーパーフライ級タイトルマッチで前WBOフライ級王者で、勝てば2人目の世界4階級制覇となる田中恒成選手と試合を行うことを発表しました。

この試合に対して試合ができる喜びを語っていたのですが

・田中選手の印象は特にない

・気にして試合を見たこともない

・格の違い、レベルの違いを見せられたら

・僕にとってメリットのない試合

・。テクニックも、気持ちも負ける気がしない

と話しているのです。

もちろん勝負事ですから強気の発言というのはよくあることですし重要なのかもしれません。

実力者同士の対決が実現するということで大変盛り上がってはいるのですが、余裕の発言を繰り返し

・田中選手の強さを分かっていない

という声も挙がっているほどです。

井岡一翔選手はただでさえ女性関係での批判を集めていて、さらにボクシングでも強気な発言がかなり飛び出しています。

井岡一翔選手といえば不倫、略奪婚などというマイナスがイメージがついてしまっているので、きちんとボクシングで結果を出して現状を見返してほしいところですね。

井上尚弥との決定的な差は?

ボクシング界では井上尚弥選手がとても人気ですよね。

井上尚弥選手は現在WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者ですが、イギリスメディアの世界最強ランキングパウンド・フォー・パウンドで「世界最強ランキング」の1位に選出されているほどなんです!

日本人初の快挙を達成し前回の試合でもランキング1位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)選手を7回KOで圧倒する試合を見せてくれましたね。

こうしたボクシングでの活躍だけでなく、井岡一翔選手とは決定的な差があります。

それは女性関係やご家族です。

井上尚弥選手は2015年、22歳のときに一般女性の咲弥さんと結婚されています。

咲弥さんとは相模原青陵高校の同級生で、高1の7月から付き合って7年の交際を経て結婚しているのです。

この一途でしかも高校の同級生と結婚された、ということで好感度がとても高いんです!

こちらが咲弥さんのお写真ですが、女優の木村文乃さんに似ていてとてもきれいな方ですよね。

現在は息子さん、そして12月に娘さんが生まれたばかりの4人家族。

不倫報道なども一切なく、家族を大切にししかも高校のときから付き合っていた方と結婚されたということで、井岡一翔選手とは大きな違いが生まれています。

やはりスポーツ選手とはいえ女性関係やプライベートもすごく大切ですよね。

もちろんスポーツで結果を出すことも大切ですが、ファンや応援している方にとっては家族を大切にされているかどうかというのは非常に重要なことです。

井岡一翔選手も現在は奥様とお子様と幸せな毎日を送っていると思います。

世間のイメージはあるかもしれませんが、ご家族の支えを得て年末の試合も頑張ってほしいところですね。

井岡一翔プロフィール

では改めて井岡一翔選手のプロフィールを見てみましょう。

名前・井岡 一翔(いおかかずと)
生年月日・1989年3月24日 現在31歳
出身地・大阪府堺市
身長・165.5cm
学歴・興國高等学校卒業・東京農業大学中退
家族・父→井岡一法、叔父→井岡弘樹

中学1年生のときに叔父が所属していたグリーンツダジムでボクシングを始めた井岡一翔選手は、中学3年のときに叔父の井岡弘樹さんが設立した井岡ジムに移籍。
高校時代も頭角を現し、史上3人目の高校6冠という偉業を成し遂げます。

大学に進学したものの中退し、2009年1月18日、B級試験のプロテストに合格してB級ライセンスを取得し、4月12日にプロデビューをします。

2011年2月11日、WBC世界ミニマム級王者オーレイドン・シスサマーチャイ選手に挑戦し、世界王座獲得に成功すると共に平成生まれの選手としては初めて世界王者になります。

その後8月にはフアン・エルナンデス選手の防衛に成功し、2011年12月31日にはオーレイドン・シスサマーチャイ選手の防衛にも成功。

2012年にはライトフライ級に転向しますが2014年にはまたフライ級に転向、2017年12月31日には惜しまれつつ引退を発表します。

しかし2018年7月20日に現役復帰を発表し、日本人男子初の4階級制覇を達成。
現在はAmbition GYMに移籍し、年末の田中恒成選手との試合に望みます。

プロボクシングに入ってからは「27戦25勝 (14KO) 2敗」という記録を打ち出しており輝かしい成績を残していますね。

井岡一翔選手はポイントを取る技術が卓越していると人気で年末の試合にも大きな注目が集まっています。

特に井岡一翔選手のプライベートを気にせずボクシングを全面的に応援されているファンの方も多数いらっしゃいます。

ぜひまたボクシング選手として大きく報道され、注目を集めてほしいですよね!

まとめ

井岡一翔選手が嫌われてしまっている理由や井上尚弥選手との差についてご紹介しました。

プライベートではいろいろあった井岡一翔選手。
まだそのことについては言われてしまうときがあり、いいイメージを持っていない方もいらっしゃるかもしれません。

ぜひそこはボクシングの活躍で塗り替えて、もっともっと活躍してほしいですね♪