タレント

ゲンキング 今何してる?現在のセレブ生活!財源は何?

genking

画像引用)https://www.instagram.com/p/CGR5PQEsE7d/
「や~よ」のセリフで彗星のごとく現れたGENKINGさん。
「オネエ」ではなく「ユニセックス」としての地位を築きました。

一時期は毎日のようにメディアに出ていたGENKINGさんですが、いつしか見かけなくなりましたよね。
現在のGENKINGさんは何をしているのでしょうか?

相変わらずセレブの様子をInstagramに上げていますが、そのセレブ生活を支えているものは何なのでしょうか?
謎多きGENKINGさんの現在と過去にフォーカスしました!

ゲンキング(GENKING)が消えた理由は?

2013年、謎の美男子として話題になったGENKINGさん。
GENKINGさんは全面的に「美」を武器に、「ユニセックス」としてオネエの新たな分野を確立しました。

メイク術や料理、絵の才能もあり、「GENKINGって一体何者?」と話題になりました。
瞬く間にブレイクしたGENKINGさん。
テレビで見ない日はないほどの活躍ぶりでした。

ただ、GENKINGさん、「オネエ」と言われることが嫌だったようで、世間では「ニューカマー」として認知されていきました。

当時のInstagramのフォロワー数は100万人以上。
美意識の高さは女性からも圧倒的な支持を得ていました。

ですが、徐々にテレビでの露出が減っていき、いつしか見かけなくなりました。
今も活躍しているマツコ・デラックスさん、ミッツ・マングローブさんのように毒舌で売っていたわけではないし、IKKOさんのように美を仕事にしているわけでもありません。

つまり、需要と供給がなくなったわけです。
色々な分野に精通していましたが、結局、生き残れるだけの何かが足りなかったのかもしれません。

また、GENKINGさんが消えた理由としては、表と裏の事情があったようでした。
GENKINGさんは「性転換手術」を受けていて、身も心も女性となりました。
2年間休みもなかったくらいの売れっ子。

そのことでちょっと疲れてしまったGENKINGさんは、数カ月お休みしようと思ったのです。
そのタイミングで「性転換手術」を受けにタイへ渡りました。

手術は16時間にも及びました。
そして、2017年5月28日、「沙奈」として生まれ変わったのです。

手術前夜は「怖い」と泣いている動画をUP.
それは126万回以上も再生されました。
それだけ、GENKINGさんに注目している人が多かったのでしょう。

性転換手術のためお仕事をお休みしたのですが、世間ではGENKINGは引退したとも言われていました。
その頃のことをGENKINGさんはこう語ります。

折角、女性になったのだから、女性としての楽しみを謳歌したかった。
女性として生きて行く準備を整える期間にしよう。

GENKINGさんは数カ月くらい休んでも、また芸能界に戻れると思っていたのでしょう。
浮き沈みが激しく、新しいものにすぐに飛びつく芸能界は、そんなに甘くなかった。

数カ月休んで戻ってこようと思ったら、GENKINGさんのポジションはもうなくなっていたのでした。
ただ、その裏にはGENKINGさんの態度が問題視されていたと言います。

GENKINGさん自身、「オネエタレント」として扱われることを嫌っていました。
そのため、他のオネエタレントとの共演をNGにしていたとか。

その上、プライドが高く、気分が悪いとモロに態度に出る性格だったようで、スタッフの間では顰蹙を買っていたそうです。
扱いずらいタレントと認識されて、言うなら「干された」様子でした。

ゲンキング(GENKING)の現在は?

GENKINGさんはもともとタレントとして、様々な分野で活躍していました。
ですが、しばらくお休みしていたら、GENKINGさんの帰る場所はなくなっていた。

では、現在、GENKINGさんはどのように過ごしているのでしょうか?
GENKINGさんの人気が下降していた2016年には、美容家として自分のお店をオープンしています。

青山のビルの3フロアを借りたそのお店「KINGs」。
家賃は月120万円だったとか。

1階はスムージーや美容にいいジュースなどのカフェ。
2階は美顔器、サプリメントなどを取り扱い。
3階は水素バー、ホワイトニングなどが出来るコーナー。

GENKINGさんが培ってきたもの全てをプロデュースした念願のお店でした。
オープン時は芸能人も多く訪れていましたが、オープンから2か月で客足が遠のいていた様子。
そして1年後には閉店したようでした。

人気があった当時は年間200本以上の番組に出演。
ブランド品を買いあさり、セレブ生活をInstagramなどで発信。
ですが、実は1000万円の借金があったそうです。

だいぶ、無理していたようですが、GENKINGさんはその現実を受け止めたくなかった。
セレブなイメージを裏切りたくなかったのです。

そして2019年1月。
著書「僕は私を生みました」を出版。
性適合手術を受けたことなどを告白しました。

そんなGENKINGさんの現在は完全に女性。
ホルモン投与のお陰か、胸も膨らみ、腰回りは女性らしいラインに。
体型自体が大きく変わりました。

仕事の面ではタレントとしての活動は限界だと気付き、それから美容に関しての勉強をし、現在、美容家として活動しています。

ゲンキング(GENKING)のプロフィール

GENKINGさんは1985年11月18日に大分県で生まれました。
幼少の頃から自分は他の男の子と違うと感じていたそう。
そのせいか小学生の頃はいじめにも遭っていたという。

小4の時のお姉さんに髪の毛を金髪に染めてもらい、GENKINGさんの世界は一変しました。
小4ですでにカラコン、ピアスなどをし始め、女性としてのファッションに抵抗なく過ごすようになったそう。

思春期の頃は恋愛対象が男性と女性両方となっていきます。
17歳の時に「ジュノンボーイ」の愛知県選抜に選ばれたことがきっかけとなり、芸能界に入りました。

最初は雑誌の読者モデルの仕事をしていました。
ですが、オグ姉こと小椋ケンイチさんと出会い、芸能界で頑張って行こうと決意した途端、好きな人が出来たのです。

GENKINGさんは仕事より彼氏のことを優先するようになってしまいました。
彼氏と同棲生活をしながら、主婦として生活していた時期に、自身のInstagramが話題となりました。

多くの芸能事務所からオファーされるようになったのですが、GENKINGさんの夢は自分のお店を持つことだったため、この時は芸能活動を断っています。

そして2014年7月。
アパレルブランド「BADASS」を立ち上げます。

そのお仕事が忙しくなり、彼氏との時間も取れなくなりました。
そのことで別れる選択が彼への愛だと思い、8年間同棲していた彼氏と別れます。

断ってきた芸能界ですが、「俺の人生、お前にかける」と言った当時のマネージャーの言葉に男気を感じ、事務所入りをし芸能界へ進出しました。

それからの活躍ぶりは上でご紹介してきた通りです。

まとめ

「ユニセックス」の象徴として活動してきたGENKINGさんには、色々な過去と未来がありました。
テレビで見ていただけでは知りえなかったGENKINGさんの姿を、少し知れた気がします。

また、性適合手術を受けて女性として生きていく姿は、女性の憧れともなっています。
女性より女性らしく生きる、強いGENKINGさんの今後も見守っていきたいですね。